文字サイズ標準大特大

大正琴普及活動
平成30年 全国子供大正琴コンクール 参加規程
1.開催目的
子供たちが目標を持って大正琴に接する機会を増やし、大正琴音楽の魅力を体感してもらうとともに、大正琴音楽を次世代へ継承することを目的とします。
2.コンクール概要
名称:「大正琴の祭典」
   平成30年全国子供大正琴コンクール
主催:文化庁、厚生労働省、大分県、大分県教育委員会、宇佐市、宇佐市教育委員会、
   第33回国民文化祭大分県実行委員会、第18回全国障害者芸術・文化祭実行委員会、
   第33回国民文化祭宇佐市実行委員会、第18回全国障害者芸術・文化祭宇佐市実行委員会、
   公益社団法人大正琴協会
<最終選考会>
期日:平成30年11月11日(日)
会場:宇佐市宇佐文化会館・ウサノピア
   〒879-0454 大分県宇佐市大字法鏡寺224番地
   TEL.0978-33-3100
3.参加資格
・高校生以下の子供のみで結成され、大正琴演奏者の比率が全体の6割以上の団体とします。ただし、楽器演奏者のみで構成されている団体とします。
・当コンクールへの出場は、部門・区分にかかわらず1人1回までとします。
・募集期限までに平成30年度の演奏映像の録画が難しい個人・団体は、平成29年度の演奏映像でも応募できますが、最終選考会への出場権はありません。
4.応募方法
所定の応募用紙に、別に定める「平成30年全国子供大正琴コンクール応募録画の注意事項」に基づき指定の媒体に録画した応募曲の演奏映像を添えて主催者に提出するものとします。指定媒体以外での応募は受け付けません。
5.応募締切
平成30年3月1日(木)~平成30年8月17日(金)
※一次審査の結果は、平成30年9月上旬に通知します。
6.部門
(1)アンサンブル部門:2名以上50名までの合奏
(2)ソロ部門:1名のソロ演奏
各部門とも平均年齢により次の区分に分けます。
A:平均年齢が12歳以下
B:平均年齢が12歳を超える
※年齢は平成30年4月1日現在、誕生日にかかわらず小学校1年生を6歳とし、学年が上がるごとに1歳を加えます。ただし、平成29年度の映像で参加する個人・団体は平成29年4月1日現在の学年および年齢とします。
7.演奏曲目
演奏時間は5分以内とし、演奏曲目は自由とします。
8.参加料
・参加料は無料ですが、応募にかかる撮影等の費用は全て参加者の負担とします。
・最終選考会の出演者には交通費の補助としてひとり2万円、1団体10万円を上限に実費の範囲内で補助します。ただし、出演者に対し出場県等から交通費補助がある場合は、その額を差し引きます。引率の指導者ならびに保護者は補助対象外です。
9.表彰
・文部科学大臣賞、金賞、銀賞、銅賞を決定します。
・何れの賞も、該当する個人・団体がない場合は授与しません。
・平成29年度映像にて応募した個人・団体は、最終選考会への出場権はありませんが、金賞、銀賞、銅賞の選考対象となります。
・賞状及び賞品は国民文化祭「大正琴の祭典」終了後に個人・団体代表者にお送りするとともに、公益社団法人大正琴協会ホームページにおいて、表彰結果、ソロ部門は個人名、アンサンブル部門は団体名、および所在都道府県名を公表します。
10.審査方法
公益社団法人大正琴協会が選任する大正琴音楽文化に理解の深い者が審査員を務め、大正琴よる音楽表現を審査します。審査は2回行い、一次審査として演奏映像により、各部門・区分から成績上位者の中から、最終選考会として「大正琴の祭典」におけるライブ演奏で文部科学大臣賞を決定します。
11.その他
◎著作権について
最終選考会で演奏される曲の著作権料の申請及び支払は主催者が一括して行います。ただし、自作曲に対する著作権料の支払いは免除されたものとみなします。
◎使用権について
コンクール演奏曲、録画映像及び写真の使用権は公益社団法人大正琴協会に帰属し、大正琴音楽普及のためにインターネット配信等で利用する場合があります。この場合の著作権料の取扱いは前項と同様とします。
◎個人情報の取扱いについて
参加者の個人情報はコンクールの運営、ならびに前項の使用権の範囲内で使用します。
◎参加規程への同意について
参加者は応募の時点で本参加規程に同意したものとみなします。
平成30年 全国子供大正琴コンクール応募録画の注意事項
全国子供大正琴コンクール応募録画に際し、次の点にご注意ください。
1.撮影機材
一般的なホームビデオカメラを使った固定カメラによる撮影で構いません。
2.録画メディア
録画メディアはDVD(録画用磁気ディスク)および ブルーレイディスクのみとします。
録画した機器以外でも再生できるよう録画後にファイナライズ処理を必ず行ってください。再生できない場合は応募受付を取り消す場合があります。
※応募用録画メディアは再生できるか確認し、控え用として1部をコピーし各自で保管してください。
※ご不明な点はあらかじめお問い合わせください。
3.映像について
ビデオカメラを固定し全景を撮影してください。
全景映像がなく、演奏人数や年齢構成が確認できない場合は審査の対象となりませんのでご注意ください。
※対象年齢以外の演奏者が入った演奏での応募はできません。必ず対象年齢のみで演奏した映像で応募してください。
4.音響について
音楽教室やホールなどで撮影する必要はありませんが、録音状態の良い映像でご応募ください。録音状態が悪く演奏のバランスや音の強弱等が聴き取れない場合、評価が低くなることがありますのでご注意ください。
5.その他
ご応募いただいた録画媒体はお返ししません。
撮影に関して不正が疑われる場合は応募受付を取り消す場合がありますのでご注意ください。
問い合わせ先・応募先
 第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会
「大正琴の祭典」実行委員会

 〒460-0011 名古屋市中区大須三丁目8-20 高栄ビル2階 
 公益社団法人大正琴協会 「平成30年全国子供大正琴コンクール」係
 TEL.052-263-9633 FAX.052-263-3341
 E-mail. info@taishokoto.or.jp

ホームお知らせ大正琴協会とは大正琴普及活動全国子供大正琴コンクール演奏会その他の活動